2006年 03月 20日

ヒバリ

通勤途中にヒバリの声を聞きました。
去年までなら営巣できた空き地の上空で鳴いているようです。
ニュータウンのこの辺りは多くの空き地があり、野鳥たちの住処になっていましたが、この馬鹿げたニュータウン計画の終演を迎えるに当たり、当初の自然との調和のようなうたい文句とはほど遠い、売れるところに売ってしまうという狂気の行為により、公共性の高い建物が建つ予定地が商業地区に変わり売られていきました。
ヒバリの鳴いている場所は、今や丸裸、重機も入り営巣することは出来ないでしょう。
キジも姿を消し、チョウゲンボウもそしてきっとセッカも住処を奪われることになります。
所詮売られるべく造成されていた土地ではあります。たかが鳥の住処かが無くなるだけの話しで、原っぱがそのままの状態でずっとあり続けるわけは無いのですが。
もう少し自然(大自然ではないですね、箱庭的偽善的自然かも知れませんが)と近い関係で住んでいたいと思っていたのですが・・・・・
 
これなら都心に住んでいた方が便利だし良いよなと、とても住めないのだけれど。
ヒバリ どうするのかな~ と思いながら歩きながら考えてしまいました。
私はどうするのかな~ この場所から移れないしなぁ~
b0036743_21505361.jpg

[PR]

by nabeka_s | 2006-03-20 21:57 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nabeka.exblog.jp/tb/4282850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ヤゴ食      ヒレンジャク >>