2005年 10月 06日

鬱陶しい天気が続きます。 週末も(-_-)
本格的 川鳥 のシーズンになるというのに
b0036743_2153686.jpg



バンディング問題 なかなか複雑な感情論にもなってきているようですが

バードウォッチやーや鳥撮り、鳥を飼うなどと決定的に違うことがバンディングにはありますよね。 それは、国から許可されないと出来ない!!
さらに、かなり詳しい手引き書が用意されていて、それに従わなければならない。
また、バンディングの目的も明記されています。 これは公共の事業なのですね。
私的なものとは根本からして違います。
目的の中に渡りの調査などがありますが、渡らない鳥には必要ありませんね。
鳥の生態の調査、もう何十年もやって来ているのだからわかったでしょう。
鳥の保護、何ら保護活動には生かされてないようです。
バンディングに科学的な意義が存在するとしても、矛盾点があり、しかも違法バンダーがとんでもないことを繰り返しているとなれば、ここらで一度止めて、やり方なりを考え直す必要がありだと思いませんか。

こちらを 
[PR]

by nabeka_s | 2005-10-06 22:08 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nabeka.exblog.jp/tb/3582644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by しまりん at 2005-10-07 21:41 x
おっしゃるとおり、私的な問題とは分けて論じるべきですよね。
公共の事業でとんでもないことが当たり前に行われていた例はいろいろあるわけだし、バンディングも今こうして関心が高まったのを機会にオープンな場で見直したほうが、調査そのものへの一般の理解も深まるし、今後の研究成果にもつながると思います。ただ、外野からつつかれて自らを見直すというのは、よほど謙虚でないと難しい(自分を顧みてそう思う)。時間はかかるかもしれないけれど、ぜひ内側から動き出してほしいものです。
Commented by nabeka_s at 2005-10-08 18:05
そうですよね 内側から動き出してくれるのが一番だと思います。
でも、内側からってやっぱり難しいでしょうね。


<< カワガラス      秋の空 >>