2005年 08月 19日

怒ってます

またバンディングについてです。
中島さんのHP Team SVE のカワセミ日記を毎日見ているのですが、今日のはかなり衝撃的でした。
http://www.rakutai.co.jp/etc/nakagawa/doc/051.html 
教育は必要です、自然についての正しい認識のための教育は絶対に必要です。
自然とのつきあい方、接し方、人が保護しなければならない理由や方法については、広く教育する必要があります。  
しかし、教育=学校ではありませんし、ましてやお楽しみバンディングや誤った鳥の接し方(持ち方など)教育になるとは思えません。  
網にかかった鳥が死んだ場合に、子供たちにはどのように伝えるのでしょうか、調査のためだから仕方がないとか、科学には犠牲がつきものだと言うのでしようか。 
まず教える側を(学校の先生と言うことではなく)教育する必要があります。
b0036743_21385083.jpg
カワセミの怒り!!  ガオ~ じゃないな チ~~ !!!
[PR]

by nabeka_s | 2005-08-19 21:41 | | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://nabeka.exblog.jp/tb/3328112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 木原 章 at 2005-08-19 22:22 x
ご指摘のサイト、全く価値観の異なる方の作られたページの様ですね。ただ、nabeka_sさんの感じている怒りとほぼ同様の怒りを、クジラを銛で殺して捕まえて、それを食する日本人に対して感じておられる西欧人も多いようです。
価値観の共有は無理でも、お互いの価値観の違いを知ることは大切ですよね。そういった意味では、ご指摘のホームページを作られた方に、別の価値観を知らせてあげては如何でしょうか?
Commented at 2005-08-19 22:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by しまりん at 2005-08-20 10:55 x
嘴を持たれているカワセミ、これから唐揚げにでもされそうな雰囲気です。野生の尊厳を侵している、と思うのは大袈裟でしょうか。これをスキンシップ、愛鳥などと表現するのは人間の傲慢のような気がします。…が、かく言う私は、かつてペットとしてシマリスを飼っていたことがあります。犬・猫とちがって本来人間とかかわりなく野生で暮らす動物です。ペットとしての需要がある限り、台湾や中国の山から生まれて間もない子リスが捕獲されてくることは深く考えていませんでした。動物と身近に接することで命の大切さを学ぶ面ももちろんあると思います。ただ、自分の欲望を、動物愛護・自然保護の大義名分にすりかえるということも、ありがちかなぁと。自然とどうつきあうべきか、難しい問題ですね。


<< 考えちゃいます      不思議3 >>