前頭葉の呟き

nabeka.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 15日

バンディング

和田剛一さんのGoichi's Birds が燃えています。
鳥類標識調査について を是非お読みください。
佐藤信敏WEBフォトギャラリーの撮影日記
   標識調査についての私的見解 についてもご覧ください。

今行われているバンディングに疑問を抱かずにはいられません。 変です。
巣立ち直後の雛 渡りの途中で疲れ果てている鳥 営巣中の親 バンディングの結果は運任せ(これは科学では無いでしょう)、鳥が死んで誰かが見つけるか、可哀想にもまた霞網にかかるのを待つしかない(ほんとに他に方法はないのかな 何十年も同じ方法で・・・)
b0036743_22145018.jpg
巣立ち直後のカワセミとママセミです。 このママセミが霞網に引っかかって怪我手もしたら、
命を落とすことがあればこの雛たちはどうなるのでしょうか・・・・



(^^)
b0036743_22172178.jpg
この枝に三羽留まったのですが(T_T) 入り切りませんでした。
連れ合いのには写ってるんですよ。
[PR]

by nabeka_s | 2005-08-15 22:20 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nabeka.exblog.jp/tb/3305844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 木原 章 at 2005-08-17 11:10 x
もともと、統計調査とはどの程度のサンプル数でどの程度の精度のデータを得られるかと言うのが基本に有りますので、タダ単に沢山バンディングすれば精度が上がると言う発想が怖いですね。回収率が相当悪いようですから、初期のバンディング数を増やしても、測定精度の劇的な向上は認められないでしょう。そうなると、科学的と言うよりは、やや宗教的と言った感じに成りそうですね。
Commented by nabeka_s at 2005-08-17 21:39
木原さん ようこそ。
宗教ですか、信じてやっているのならまだ良いのかもしれませんが、どうも自分の楽しみだけでやっているような人々も・・・・
Commented by 木原 章 at 2005-08-17 22:20 x
例えば、アメーバの研究をしていましても、確かにいずれ世の為に成る、と「信じて」いても、気がつくと楽しそうに実験している自分が居る事に気づきます。自分で培養して増やしたアメーバを何匹殺そうが、世間から陰口をたたかれる事は有りませんが、野生動物を対象に、そうなると非難を浴びる事は当然でしょうね。科学的 VS 非科学的と言う議論は成立しても、個人の楽しみ VS 世の為、は二律背反の議論にならないと言う事のようです。
Commented by nabeka_s at 2005-08-18 22:17
個人の楽しみが世間のためになれば最高ですね。 
ちなみに顕微鏡を覗くのは好きです。


<< 震源は宮城県      幼鳥は >>